持ち手の重要性 | オリジナル紙袋の利用して店舗の宣伝を行おう

オリジナル紙袋の利用して店舗の宣伝を行おう

持ち手の重要性

お店などで、商品を入れる物として利用されているのが袋です。袋に様々な工夫を凝らすことは、商品販売時の満足度や、顧客の獲得にも繋がる重要な要素なのです。
そのため、多くのお店ではオリジナル紙袋を用いています。独自のデザインが施されたオリジナル紙袋は、販売促進の一つのツールとして非常に大きな役割を果たしているのです。
オリジナル紙袋を用いる際、こだわれるポイントはデザインだけではありません。その持ち易さ、利用のし易さにこだわることも重要なのです。

デザイン以外にこだわることのできるポイントとして、大きなものに持ち手の存在があります。
紙袋の持ち手は様々な種類があり、それぞれに耐久性や持ち易さが大きく異なるのです。
一般的な持ち手としては、紙を用いたものがあります。紙製の持ち手のメリットはコストの低さで、安価に利用することが出来ます。塗装も容易で、様々なカラーリングが施せることも大きな魅力となっています。
また、ハッピータックと呼ばれる、プラスチック製の持ち手も多く用いられます。ハッピータックにはホックが付いており、空け口を閉じることができるのが大きな特徴となっています。
他にもポリプロピレン製のPPロープなどの他に、逆に素材を使わずに紙に取っ手型の穴を加工する手法も用いられます。
取っ手を工夫することは、紙袋の使いやすさやデザイン、収納の易さに大きく影響します。そのため、オリジナル紙袋を作る際にはきちんとこだわって制作することが大切なのです。