ハッピータックとは | オリジナル紙袋の利用して店舗の宣伝を行おう

オリジナル紙袋の利用して店舗の宣伝を行おう

ハッピータックとは

オリジナル紙袋には様々な種類がありますが、中でも、持ち手にハッピータックと呼ばれるプラスチック製の部品を用いた紙袋が人気となっています。
プラスチック製の持ち手は耐久性が高く、重量の重いものでも梱包することができるので非常に重宝されます。どんな形状の紙袋でも違和感なく用いることができるので、汎用性が高いことも人気の理由となっているのです。
また、ハッピータックには、他の持ち手にはないメリットが存在しているのです。

オリジナル紙袋で持ち手として用いられるハッピータックの大きなメリットが、開口部を閉じることができるという点です。
通常の紐の場合、口を閉じる機能を持っているものは少ないですが、ハッピータックの場合、紙と持ち手との接地部分に凹凸が存在し、口の反対側の凹凸と組み合わせることで袋を開閉できるという機能が備わっています。
そのため、雨などにも強いという大きなメリットが存在しています。中敷きとなる台紙とハッピータックを活用することで、紙袋自体の耐久性をより高くすることができるのです。
このような紙袋としての機能性の向上から、オリジナル紙袋を制作する際にハッピータックを利用するお店は非常に多いです。デザイン性だけでなく、耐久性を高くし、長く使ってもらえるオリジナル紙袋にすることができるのです。
重い資料などを入れる場合や、靴などの重量のある商品を梱包する際、ハッピータックは非常に役立ちます。様々な商品を扱っているお店で利用されているのです。